コロナウイルス流行にともなう2021年4月~5月の活動に関してのお知らせ

会長  荻野隆義 
幹事長 喜々津和夫

校友会からの2021年4月から5月までの稲門会活動に関する通知がありました。

早稲田大学校友会では、本年1月から3月までは段階的な活動再開期間として昨年10月に方針を発表いたしました。

ただし、緊急事態宣言の対象地域については、その適用期間中は、実際に集まっての校友会・稲門会活動は是非ともお控えいただくようお願いをしております。

本年4月以降につきましても、すぐには感染状況が飛躍的に改善される見通しが立っていないことや、全体の新規感染者数だけでなく重症者数も深刻な医療の逼迫をもたらしていること、高齢者の感染者数も多いこと等を踏まえ、校友会といたしましては活動のあり方について大いに悩み検討してまいりました。しかし、感染対策の徹底により、なんとか校友会活動を維持しながらポストコロナにおける発展を目指したいという思いから、当面(4月~5月末まで)はこれまでの方針(段階的な活動再開)を継続することといたします。あらためて方針を掲出いたしましたのでご理解とご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

以下に校友会会長(総長)・代表幹事(理事)の連名で、4月~5月の方針を掲載いたしましたので、必ずご確認ください。

6月以降の方針については、4月末頃までにあらためてお知らせする予定です。


練馬稲門会の皆様も上記通知を踏まえ再度指針の確認と遵守をお願いしたく。

1.インターネット機能(オンライン)やメール・郵送・電話などが利用できる会議・打合せ等はこれら手段を用いてください。

2.国や各自治体からの指針を遵守し、充分に注意していただきながら活動を実施してください。
この場合、たとえ少人数であっても、三密(密閉・密集・密接)を避ける工夫やマスク着用 消毒・検温などの感染対策は徹底して行ってください。

3.感染対策の徹底が不可能な活動は3月末まで自粛してください。

4.飲食が伴う活動では特に注意をしてください。
三密の中で集まっての飲食やビュッフェ形式・大皿料理形式は感染リスクが高まることから 避けていただくとともに、参加人数を絞る、食事中はソーシャルディスタンスを充分にとって 会話を控えるなどの感染防止策を心掛けてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*メルマガ送付を中止したい方は、その旨を記して返信ください。

                  練馬稲門会メルマガ担当

2021年1月~3月の活動

コロナウイルス流行にともなう2021年1月~3月の活動に関して

会長  荻野隆義 

幹事長 喜々津和夫

5月22日付けの校友会からの稲門会活動の自粛要請の通達を受け、年末までの活動自粛をお願いしてきましたが、この度2021年1月以降の活動に関する指針が示されました。そこで練馬稲門会でもこの指針を遵守しながら段階的に活動を再開することに致します。

1.インターネット機能(オンライン)やメール・郵送・電話などが利用できる会議・打合せ等は、これら手段を用いてください。

2.国や各自治体からの指針を遵守し、充分に注意していただきながら活動を実施してください。この場合、たとえ少人数であっても、三密(密閉・密集・密接)を避ける工夫やマスク着用・消毒・検温などの感染対策は徹底して行ってください。

3.感染対策の徹底が不可能な活動は3月末まで自粛してください。

4.飲食が伴う活動では特に注意をしてください。三密の中で集まっての飲食やビュッフェ形式・大皿料理形式は感染リスクが高まることから避けていただくとともに、参加人数を絞る、食事中はソーシャルディスタンスを充分にとって会話を控えるなどの感染防止策を心掛けてください。

校友会会長(総長)・代表幹事(理事)の連名で、年度内(来年1月~3月)の方針が校友会ホームページに掲載されていますでご確認ください。

http://www.wasedaalumni.jp/news/201013.html

未来塾

石神井公園で総合内科「いしざき内科」の石崎淳朗先生(当会の賛助会員)に未来塾の講演を今年春にお願いしていましたが、このコロナ状況の中講演会開催は難しくなりました。代わりに講演内容を添付に記載いただきましたので皆様にお届けします。内容は・医療情報を楽しく聞けるようになるためのいくつかの豆知識。・現在の新型コロナウイルス感染症騒動で特に注目されていることですがデジタルデバイドについてです。皆様の参考になれば幸いです。

未来塾・・・・練馬稲門会の皆様へ

賛助会員 石崎淳朗

新型コロナウイルス感染症の騒動が起きてしまい、ずっと長らく延期となっており、医師である私の回がなかなか始まらない事で御迷惑をお掛けしているようですので、文面にてお話しさせていただきます。

 話しの内容は大きく分けて2点です。ひとつは医療情報を楽しく聞けるようになるためのいくつかの豆知識。もうひとつは現在の新型コロナウイルス感染症騒動で特に注目されていることですがデジタルデバイドについてです。

  • 皆さんはTVや新聞等で、病院と言ったり医療機関と言ったり、様々な用語が飛び交っているのにお気づきですか?そしてその区別がついていますか?これが判るようになると、とてもすっきりと医療情報を理解できます。入院ベッドがあることを有床(ゆうしょう)と呼び、ないものを無床(むしょう)と言います。まずこれを覚えてください。町のクリニックはたいていは無床です。しかしクリニックは正式用語ではないことはペットクリニックなどの言葉があることからお分かりでしょう。正しくは診療所と呼びます。法令上、正式には診療所と病院という二つしか区別がありません。ベッド数がゼロから19床以下のものを診療所、20床以上のものを病院と呼びます。診療所でも30年前までは入院ベッドがある所が結構多かったですが、それは有床(ベッドを持つという意味)診療所と言います。今はほとんどが無床診療所です。それでは病院と診療所を合わせて何というかというと、医療機関と呼びます。ニュースを聞いているとたいていは医療機関と呼んでいます。医院とは何を指すのでしょうか?特に決まりはないため診療所でも病院でも医院と名乗る事ができます。順天堂医院というと大学病院ですが、あんなに大きくても医院です。町にはたくさんの医院と名乗った診療所がありますが、どちらでも名乗る事は自由です。それではクリニックは?これも医院と同じで、通称に属する呼び方で診療所であることがほとんどですが、規模を拡大して大病院になっているのに歴史を尊重して「~クリニック」と名乗ったままの病院もあります。かかりつけ医はどうでしょうか?これも特に決まりはありません。地域に根差して患者さんの日常的な健康管理に努めている医療機関をそう呼びます。通常は、診療所がその役割を担っていることが多いです。普段はかかりつけ医にかかり、かかりつけ医では治せないような病気等があったりする場合には病院に送ってもらう事になります。その際に書いてもらうのは紹介状です。これとイコールなのが診療情報提供書です。紹介状には「宜しく頼む」とだけ書いて渡す訳ではなく、患者さんの病状を書いてなぜ病院で詳しく診てもらいたいかが記載されています。医者と医者が話しをする手段が紹介状だと思ってください。
  • デジタルデバイドとは、高齢者と呼ばれる年齢に差し掛かるとかなり頭の痛い方も多いのではないでしょうか?デジタルデバイドとは、情報格差とも言い、コンピュータやインターネットなどの情報技術(IT:Information Technology)を利用したり使いこなしたりできる人と、そうでない人の間に生じる、貧富や機会、社会的地位などの格差。個人や集団の間に生じる格差と、地域間や国家間で生じる格差があるとされています。あえて今、これを取り上げる事にしたのは、新型コロナウイルス感染症の情報はTVや新聞といった従来型の情報提供手段では適切に届られているとは言えない状況が起きてきているからです。この際に信頼できる情報を提供しているのはインターネット上の様々なツールです。これらなくしては現在は安心して日常生活を送れない場合もあります。ですから、デジタルデバイドを乗り越える事は現在を生き抜く重要なポイントです。ラインやフェイスブックなどもありますが、皆様に特にお勧めしたいのはトランプ大統領が日常的に頻用して自分で発信していることで有名になったツイッターです。匿名で名前や身分を明かすことなく利用できますので、多少失敗したとしても許される点が敷居が低くて初心者に入り込みやすいと言えます。スマホやパソコン、タブレットを使うことで利用可能となるので、機械音痴を自称する人としてはなかなか難しいと感じられるかもしれませんが、見ているだけでも良いですし、少し慣れてくると検索の技術が身に付き、それを使うと自分の興味に会った分野で会った事もない人々と対等に話し合う事ができますので、技術の向上を実感することができることから一番のおすすめです。自分で発信するように心掛けていくと趣味の仲間もどんどん出来て来て日常生活が大変に充実してきます。新型コロナウイルス感染症の騒動は次第に沈静化していくとは思われますが、明日明後日、来月、来年、あるいは今をどのように過ごしていくか、この騒動がどうなっていくかを考えるうえで、重要な情報を得ることができます。一番のメリットは新聞やTVなどに大きく振り回されることがなくなるという点です。新聞・TVの報道は一方的であなたの疑問に答えてはくれませんが、ツイッターの世界のひとびとは多くの疑問に答えてくれます。皆さんは練馬区の中でも特に地域のエリートとして中心的な存在のはずです。どうかTV・新聞等に振り回された不安や恐怖の毎日から解放されて、隣人・他者の世話を見てあげられる信頼される存在として生き延びていただきたいと思い、この際デジタルデバイドを克服することを御提案申し上げました。

第15回ニューイヤーコンサート順延のお知らせ

練馬稲門会会員のみなさまへ

節目となります第15回ニューイヤーコンサートにつきましても2021年1月の開催に向けて準備を進めてまいりました。しかしながら新型コロナウイルスの影響が依然甚大で、かつご高齢の方々のご来場が多いことを考慮し、誠に残念ですが2022年1月15日(土)に1年延期をさせていただくことになりました。会員の皆様には何卒ご理解を賜わりますようお願い申し上げますと共に、今後ともニューイヤーコンサートへのご支援を宜しくお願い申し上げます。

当会が毎年新春に開催しております「早稲田大学交響楽団~ニューイヤーコンサート」は、会員の皆様のお蔭で多くの方々にご参加いただき年々活況を呈してまいりました。

尚、今年1月に開催されたコンサートの売上金から20万円を「練馬区みどりを育む基金」に寄付させていただきました。この寄付金は「四季の香ローズガーデン」の拡張整備に活用され、来年5月にオープニングセレモニーが実施されます。その際、当ガーデンでワセオケの弦楽四重奏の屋外演奏会(無料)が行われる予定です。詳細が決まりましたら改めてご案内をさせていただきます。

ニューイヤーコンサート推進チームリーダー 田辺 攻

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*メルマガ送付を中止したい方は、その旨を記して返信ください。

                  練馬稲門会メルマガ担当

活動自粛の再延長要請

練馬稲門会会員のみなさまへ
早稲田大学校友会より下記の通達がありましたのでお知らせします。
・ 稲門祭(10月18日)の中止
・ 校友会各支部・稲門会活動自粛の再延長要請(12月末まで)

        【以下校友会からの通達】

校友会支部・稲門会 各位
早稲田大学校友の皆様

平素より校友会活動に格別のご理解とご協力を賜り、厚く
御礼申し上げます。

新型コロナウイルスは、国内では新規感染者数は減少して
きているものの、依然として油断のできない状況が継続し
ています。
校友会関連はこれまで9月卒業式前日である9月19日まで
活動中止のお願いをするとともに、今後の活動の再開時期に
ついても検討してまいりました。
ただ、校友会活動は沢山の人が集まっての飲食を含めた
会合などが多いことや参加者にはご高齢の方も多いこと
を踏まえ、安全を期して年内(2020年12月末まで)は
校友会・稲門会活動や総会イベント等の開催は原則中止
するよう要請させていただくこととなりました。
そして、10月18日(日)に予定しておりました2020年度
「ホームカミングデー」および「稲門祭」についても、
苦渋の決断ではありますが、今年度は開催中止とさせてい
ただきます。
ただし、今年ご招待させていただく予定であった卒業年次
の皆様については、来年2021年度の「ホームカミングデー」
「稲門祭」にお越しいただけるようにいたします。
なお、9月26日(土)に予定しておりました秋の「代議員会」
「幹事長事務局長会」についても開催はせず、必要な議決
についてはメール等での審議とさせていただきます。

以下に校友会会長(総長)・代表幹事(理事)の連名で
方針を発表いたしましたので、必ずご確認ください。
http://www.wasedaalumni.jp/news/200522.html

今年の活動は前代未聞の厳しさとなってしまいましたが、
こうした中でも早稲田の校友会ならではの取組みや持ち味・
楽しさを大いに発揮し、校友の皆様とも活発なコミュニケ
ーションをはかっていければと考えております。
そして今年度については、これまで以上に「緊急支援金」
を含めた学生支援にも校友会として大きな貢献ができる
ように尽力してまいる所存です。

校友の皆様の温かいご理解とご支援をどうか宜しくお願い
申し上げます。
                 2020年5月22日

                               以上

  【担当】 早稲田大学校友会事務局 渡部・宇羽野
       E-mail tomonkai@list.waseda.jp
       TEL 03-3202-8040
http://www.wasedaalumni.jp/

学生緊急支援

練馬稲門会会員のみなさまへ

早稲田大学校友会からの「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援金」

ー学生のために皆様の力をお貸しくださいーへのご支援のお願いです。

早稲田大学では4月24日に

「新型コロナウイルス感染症拡大に関する総額5億円の学生緊急支援について」

を発表し学生一人当たり10万円の支給などの支援に取り組みを始めました。

紹介は下記HPを参照ください。

このような大学の取り組みを支えるため校友会では、校友の皆様に幅広い支援と下記のメールが発信しました。

練馬稲門会としても「ワセダサポーターズ倶楽部」と通じて寄付を予定していますが

この趣旨に賛同いただける方は、是非ご協力のほどお願いいたします。

=記=

校友会支部・稲門会 各位

早稲田大学校友の皆様

 校友会支部・稲門会ならびに早稲田大学校友の皆様におか

れましては、新型コロナウイルス感染防止のため活動中止等

の自粛をお願いしておりますが、温かいご理解とご協力に深

く感謝申し上げるとともに、校友の皆様が一致団結して感染

防止に努めていただいておりますことを大変誇りに思ってお

ります。

 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大と長期化に伴い、

早稲田大学においても、家計支持者の収入激減や学生本人の

アルバイト収入の減少等で、就学の継続が難しくなる学生が

発生しております。こうした状況の中、早稲田大学では、

学生への緊急支援を決定し、あわせて募金活動も開始いたし

ました。早稲田大学校友会といたしましても、この大学の

取組みを全面的に支援してまいる所存です。

 早稲田大学の学生が、誰一人として不本意にも経済的理由

により就学をあきらめることのないよう、校友会支部・稲門

会の皆様そして広く65万人の校友の皆様の温かいご支援と

ご協力を賜りたく、どうか宜しくお願い申し上げます。

支部・稲門会からも校友の皆様に是非お伝えいただき、

ご協力のお願いを広めていただけますと幸いです。

「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援金」に

ご支援をいただける方はこちら

https://kifu.waseda.jp/contribution/w_supporters-covid19

「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生緊急支援」の

概要はこちら

※早稲田大学へのご支援は、寄付金控除の対象となります。

 校友の皆様におかれましても、お仕事や生活に大きな影響

が出ているかと思います。今は苦しいことが多いかと存じま

すが、なんとかこの事態を乗り切って、また元気に校友会・

稲門会活動を復活できますことを心から願っております。

今はどうか健康第一でお過ごしくださいませ。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

               2020年4月27日

                                              以上

【校友会担当】

  早稲田大学校友会事務局 渡部・宇羽野 

  E-mail tomonkai@list.waseda.jp tomonkai@list.waseda.jp

http://www.wasedaalumni.jp/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*メルマガ送付を中止したい方は、その旨を記して返信ください。

                  練馬稲門会メルマガ担当

立ち入り禁止

練馬稲門会会員のみなさまへ

早稲田大学からのお知らせです。

早稲田大学は、授業開始を5月11日からとして、授業を全面オンラインで配信すると4 月2日に公表しました。それに伴い教員の在宅研究、職員の在宅勤務の期間を設けることにしました。

それに伴いまして、早稲田大学は、学生並びに来訪者の各キャンパスへの立ち入りを 禁止させていただきます。

 【立ち入り禁止期間】 4月8日(水)より4月21日(水) 

           なお状況により、この期間を延長する場合があります。

また校友課・校友会事務所もそれに合わせて臨時閉室となります。

詳細は添付を参照ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*メルマガ送付を中止したい方は、その旨を記して返信ください。

                  練馬稲門会メルマガ担当

校友会からの要請

練馬稲門会会員のみなさまへ
早稲田大学校友会より、9月19日までに予定される各種総会・会合
イベント等の実施および参加を見合わせるよう再度要請がありましたので
お知らせします。

【以下校友会からの要請】

校友会支部・稲門会 各位
早稲田大学校友の皆様

新型コロナウイルス感染に伴う対応については、本学では
授業実施を最大限に延長して5月11日(月)とし、教育・
研究を維持するとともに、学生・校友を含む早稲田関係者
の感染回避を第一に考え、大学内でも連日の緊急対策会議
を進めてまいりました。

しかし、現状では収束の目途が一切立たず、日本国内でも
毎日のように感染者・死者が増加していることから、
早稲田大学校友会についても、田中総長・萬代代表との
打合せを経て、各種総会・会合・イベント等の校友会・
稲門会活動の中止・延期措置等の要請を9月卒業式の前日
である9月19日(土)までに延長することとなりました。
また、あわせて夏の演奏旅行(東北)も校友・現役学生
は勿論、受験生や一般来場者の感染リスクを踏まえ、
今年度は中止に決定いたしました。

今回はかなり先のスケジュールまでの要請となりますが、
校友会・稲門会活動についてはとりわけご高齢の方も多い
ことや飲食を伴うイベントが殆どであることとともに、
間際になると会場のキャンセル料負担も多くなることから
その点も考慮しての要請となります。

以下に校友会会長(総長)・代表幹事(理事)の連名で
方針を発表いたしましたので、必ずご確認ください。
http://www.wasedaalumni.jp/news/200403.html

諸々が中止となってしまい、本当に心苦しく残念ではござ
いますが、ウイルス感染がかなり危機的状況となってきま
したことを受け、校友とご関係の皆様の健康を第一に考え
た措置であることをご理解いただけましたら幸いです。
校友の皆さまにおかれましては、この世界的危機に対して、
健康面・安全面を第一とお考えいただき、くれぐれも自衛
と体調管理にお努めくださいますようお願い申し上げます。

               2020年4月3日

                                        以上

  【担当】 早稲田大学校友会事務局 渡部・宇羽野
       E-mail tomonkai@list.waseda.jp
       TEL 03-3202-8040

校友会からの通達

練馬稲門会会員のみなさまへ
早稲田大学校友会より、4月末までに予定される各種総会・会合
イベント等の実施および参加を見合わせるよう通達がありましたので
お知らせします。

        【以下校友会からの通達】

校友会支部・稲門会 関係各位
日本国内外における新型コロナウイルスの感染は益々拡大し
パンデミック(世界的な流行)となっております。早稲田大学
でも2019年度卒業式・大学院学位授与式および2020年度
入学式について中止とした他、学内外を対象とした大学主催の
様々なイベント等についても、感染リスクの可能性が高いと考えら
れる場合には中止または延期の判断を行い、授業開始日程も
2週間延期するという苦渋の決断をしてまいりました。

早稲田大学校友会についても、「代議員会」「幹事長事務局
長会」の開催中止をはじめ、その他の各種総会・会合・イベント
等の実施も、3月中は原則として中止・延期の措置をとっていた
だくようお願いをしてまいりましたが、感染拡大の状況を鑑み、
校友会・稲門会活動の中止・延期措置等の要請を4月末日
まで延長することといたしました。

以下に校友会会長(総長)・代表幹事(理事)の連名で
方針を発表いたしましたので、必ずご確認ください。

校友会・稲門会活動についてはとりわけご高齢の方も多いこと
や飲食を伴うイベントが殆どであることから、総長も相当心配
している状態です。

なお、上記の「新型コロナウイルスの影響拡大に伴う校友会各
支部・稲門会への要請期間延長について」の方針は、現時点では
4月末日までの対応策として運用いたしますが、状況に変化が生じ
た場合はあらためて周知いたします。心苦しい限りではございま
すが、なにとぞご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

校友の皆さまにおかれましては、この世界的危機に対して、
健康面・安全面を第一とお考えいただき、くれぐれも自衛と体調
管理にお努めくださいますようお願い申し上げます。

                                             以上

       【担当】 早稲田大学校友会事務局 渡部・宇羽野
           E-mail tomonkai@list.waseda.jp
           TEL 03-3202-8040
http://www.wasedaalumni.jp/

花見の会

練馬稲門会会員のみなさまへ

この度新コロナウイルス流行を考慮し

3月28日開催予定の花見の会

は中止となりました。

ご理解のほどよろしくお願いします。

               イベント推進チーム 原田 豊

事務局      平田愼一郎

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*メルマガ送付を中止したい方は、その旨を記して返信ください。

                  練馬稲門会メルマガ担当