稲門祭グッズ販売

練馬稲門会役員・幹事各位殿

平成28年度稲門祭グッズ担当の事務局の石川、平田です。
部会長会で一部説明不足の点がありましたので改めてメールにてご連絡します。

平成27年度は皆さんの協力のお陰でシステム手帳1冊(1万円)を残し
販売することができました。今年度も更なるご協力のほどよろしくお願いします。

■ 平成28年販売に関する各部会長へのお願い
・ 各部会ので参加者へのグッズ紹介と販売
・賞品あるいは記念品としての利用
を検討いただき、その際候補となる稲門祭グッズと購入予定数(概算)
を4月末までに事務局担当  石川までご連絡ください。
5月末に追加購入する際の基礎データとして利用させていただきます。
*なお今年度のグッズは添付を参照ください。

■ 稲門祭(ワセダ)グッズの意義
稲門祭グッズの収益は殆どが奨学金の基金に充てられます。
また稲門祭での抽選券(1等は小型自動車:昨年度)付きパンフレット
を添付することで、稲門祭への参加者を増やすことにあります。

■ 練馬稲門会での意義
上記意義に賛同し稲門祭グッズを販売しますが、それ以外に
以下の恩典を期待しています。
大学校友会で設定された販売ノルマ(昨年度は36万円以上)を
達成すると以下の補助金(昨年度実績)を校友会から得ることができます。
  校友会補助金(含む若手交流費) 43万円
これら補助金は練馬稲門会予算での財源のひとつとして重要な位置づけとなっています。

■ 今年度販売計画
昨年度同様に以下の機会およびチャネルを通して販売する予定です。
・ 学院OB会(4月29日)
・ 共通行事(バーベキュー大会、総会、納涼祭)
・ 部会イベント
参加者への販売および賞品などに採用していただく
 ・メルマガを通じての販売

■ 購入計画
学院での販売が4月29日、バーベキュー大会が5月7日であることから
2回以上に分けて購入する。
・ 4月初旬に事務局などで購入品を決定し購入する。
 ノルマの半分程度購入。売れ筋は品切れのおそれがあるので
 それを加味して購入する。
・ 5月下旬に各部会の要望を得て追加購入する(練馬稲門会ノルマ額を達成する)
・ 品切れ次第追加購入する

各部会長および共通イベント担当の皆様の協力のほどよろしくお願いします。

               練馬稲門会事務局・稲門祭グッズ販売担当

東北復興支援

練馬稲門会のみなさまへ

練馬稲門会副会長で稲門会23区支部事業委員会でも活躍
している松本誠さん(S41商卒)から東北復興支援
への協力のお願いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
稲門会23区支部事業員会では東北復興支援活動として
過去4年間被災地激励訪問を実施してきましたが、
今年度は福島県のお菓子メーカーの産物を各稲門会で
購入する形となりました。
被災地の風評被害もあり十分なる販売に至ってない状況です。
福島県支部長の須佐善夫様の推薦で3つの老舗菓子店の案内をします。
数千円の購入がお店を活性化させます。
練馬稲門会の会員の方におきましては、何かの折にご購入のご検討
いただきたくお願いいたします。
またイベント開催担当の方にはイベントでのご利用を検討いただきたく
お願いします。
なお各店の詳細は下記のホームページを参照ください。

1 創業160余年 ㈱柏屋 薄皮饅頭 024-956-5511
http://www.usukawa.co.jp/

2 ままどおるエキソンパイで有名な㈱三万石 0120-81-3059
http://www.sanmangoku.co.jp/

3 こだわりの美味しさと品質 あんこの専門店 
郡山せいあん024-943-5200
http://k-seian.com/

23区支部幹事会事業委員長  松本 誠
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                       練馬稲門会メルマガ担当