練稲ヘッドラインニュース 2/2

練馬稲門会会員の皆さま、

新型コロナウイルスの感染拡大が、大変な状況になっています。

いかがお過ごしでしょうか。

今週末の2/4(金)からは、北京オリンピックが始まります。

時差がないので、ご自宅でゆっくりとお過ごしください。

【練稲ヘッドラインニュース2/2】をお送りいたします。

URLを押すと、記事や動画を見ることができます。

ご関心のあるものだけ、お読みになってください。

(動画で広告が出た時は、

画面右下の「スキップ」のボタンを押してご覧ください。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.松浪千紫さんのコンサート~

「箏とフルートで振り返る『江戸のあの時』」のご案内

松浪さんには「新春の集い2022」で演奏していただく予定でしたが、

中止になってしまいました。

楽しみにされていた方が、たくさんおられると思います。

下記コンサートが開催されますので、よろしければお出でください。

・日時:2/23(水・祝)14時~(13時30分開場)

・場所:マリーコンツェルト

(板橋区中板橋18の11、東武東上線中板橋駅北口徒歩3分、

都営三田線板橋本町駅A3出口徒歩13分)

・入場料:3,500円(全席自由)

*申込や曲目等、詳細は添付ファイルをご参照ください。

https://nerima.waseda-info.com/pdf/hln202202.pdf

2.早稲田大学の話題

(1)早稲田学報2月号は「クラシックを楽しむ」

「練馬稲門会ニューイヤーコンサート」の感動がまだ冷めませんが、

早稲田学報でもクラシックが取り上げられています。

早稲田は音楽大学ではありませんが、

クラシックにまつわる活動に取り組む校友の方が多数おられます。

表紙も、私が大好きなわたせせいぞうさん(校友)の書き下ろしです。

 ↓

(5) Facebook

https://www.facebook.com/photo?fbid=337715085028256&set=pcb.337715111694920

(2)早慶ダブル合格者~早稲田の逆襲と三田会の存在感

1980~90年代は早稲田に入学する学生が多く、

平成の30年間は慶應志向。

令和になり、早稲田人気がまた復活しているそうです。

早稲田は、新設した「国際教養学部」が注目を集め、

田舎っぽさからグローバルな雰囲気へ転換。

今は「女子学生の比率」も、早稲田が慶應を上回っているようです。

平成の慶應の強さの象徴は、法科大学院。

他大学の法学部卒業生を積極的に受け入れ、

早稲田法学部卒業で慶應法科大学院の受験生が司法試験に合格すると、

慶應の合格者としてカウントされることになりました。

 ↓

早慶ダブル合格者の選択に異変が起きている…早稲田の逆襲と慶應三田会の存在感 (biz-journal.jp)

(3)この20年で様変わりした政経学部の入試

昨春の入試から、数学1Aを必須にした政治経済学部。

かつては一般入試で1,000人前後が入っていましたが、

昨春は一般選抜と共通テスト利用を合わせて350人に減少。

一方、附属・系属校からの内部進学は増加して約280人。

最近の早稲田の学生は、首都圏(1都3県)出身が8割近くと

偏っているのが課題です。

日本全国から集まり散じて、活力を生み出してきた早稲田。

地方出身者を増やすため、

指定校推薦と共通テスト利用入試を重視するそうです。

 ↓

早稲田政経・荒木一法さん「この20年で様変わりした政経学部の入試」|大学入試改革の「本丸」|朝日新聞EduA (asahi.com)

(4)早稲田の起業家育成(7分56秒)

早稲田大学では今春、スタートアップ企業育成のための

ベンチャーキャピタルを創設します。

この動画では、人間のように物を持つ・握る・手で繰るための

「触覚を持ったロボットの実現」に取り組む起業家と、

相手の顔色や反応を見ながらその場でストーリーを変えて、

相手にわかってもらえるように話す「会話AIの新技術」を探求する

起業家を紹介しています。

早稲田大学のエッジプログラムは、

「意識醸成~ビジネスアイデアの創出~

ビジネスモデルの仮説検証プログラム~実践への橋渡し~起業」

という5つのステップを学べるプログラムです。

起業に役立つ知識・手法に加えて、ふだん会えないような人たちとの

出会いや素晴らしいネットワークが提供されます。

 ↓

(5)美しい大雪の早稲田キャンパス(3分33秒)

2018年1月22日、雪の早稲田キャンパスの様子です。

バックには、「早稲田の栄光」が流れます。

 ↓

4.早稲田スポーツの話題

(1)荻原さんが、渡部選手にエール

渡部暁斗選手、2014ソチで銀、2018平昌でも銀。

悲願の金を目指して、早稲田大学先輩の荻原健司さんからエールです。

応援しましょう!

 ↓

荻原健司氏が渡部暁斗にエール、北京五輪金へ「百戦錬磨」の経験に期待…団体もメダル狙える : スポーツ報知 (hochi.news)

(2)羽生選手、「4回転アクセル」に挑む想い

今まで誰も成功したことのないジャンプ「4回転アクセル」。

羽生結弦選手は、

「3大会連続で金メダルを狙える資格を持っているのは自分だけ。

だからこそ、北京で『4回転アクセル』を決めたい。」そうです。

ジャンプで失敗すると大きく減点されるため、

アクセル無しの4回転ジャンプの出来栄え点で

勝負する選択肢もありますが。。。

人間科学部の卒業論文では、自らの身体にセンサーを付けて

ジャンプの動きを分析した羽生選手。

見守りましょう!

 ↓

羽生結弦の挑戦を解説、4回転アクセル (olympics.com)

(3)北京オリンピックを断念した紀平選手

2019~20年も2020~21年も、フィギュアスケート

女子シングル世界ランキング1位になりながら、

右足の疲労骨折のために

北京オリンピックの出場がかなわなかった紀平梨花選手(人間科学部)。

お姉さんと笑顔の2ショットを見せてくれました。

それでも想いは、いかばかりか。。。

紀平選手のこれからを、応援したいです。

 ↓

五輪断念の紀平梨花4カ月超ぶりインスタ更新 前髪つくって姉と笑顔の2ショットにファン安堵と激賞:中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*メールの配信を中止したい方、

ヘッドラインニュースやメルマガに記事の情報を提供してくださる方、

その他ご意見・ご要望等がありましたら

遠慮なくご連絡をくださいますよう、よろしくお願いいたします。

*FacebookやLINEで、タイムリーな情報をより多く配信する

練馬稲門会のグループを作っています。

参加してくださる方がおられましたら、

このメールの返信でご連絡ください。お待ちしております!

練馬稲門会メルマガ担当:石川益巳